2つの者が分けられるランチェスター戦略

2つの者が分けられるランチェスター戦略

マニーに関しても一時期は外科用のメス事業にも参入していたようですが、ライバル企業に淡泊と負けてしまいました。ランチェスター戦略によりますと、弱者と強者におきましては戦い方が大きく異なっています。

医療で使われている「手術用の針」を作っている専門メーカーであり、かなりマニアックな商品ではありますが、手術用の針の業界シェアは70%を誇っています。売価の材料比率については、わずか1%と報告されていることから、利益率が極めて壮大ことがわかります。

弱者の戦略をシンプルに表すのでしたら、差別化戦略で、尚更分かりやすく表現すると、大企業が入ってくることが出来ないような小さな市場(ニッチ)に特化させる、ということです。このように、その他の企業が入ってくることの出来ない小さな市場に特化しているのが「弱者の戦略」となるのです。

その一方で「強者の戦略」についてですが、こちらは追随戦略となります。貴方は、マニーと呼ばれる会社の存在を知っているでしょうか。

それ以来、手術用の針だけに特化したのです。弱者が差別化して発売してきた商品と同じような商品を真似て、強者は後から出すことになります。